/

この記事は会員限定です

旭化成やJSR、高機能タイヤ用ゴム増産

低燃費・操縦性一段と EV普及もにらむ

[有料会員限定]

日本の化学大手がタイヤメーカー向けに、自動車の燃費を改善しつつ操縦性能も高める合成ゴムを市場に投入する。環境規制が世界で強化されるのに加え、仏英が「脱・ガソリン車」政策を打ち出したことで電気自動車(EV)の普及が進む見通し。航続距離の改善につながる高機能タイヤの調達量が増えるため、生産能力の増強に動く。

自動車の燃費改善につながる転がり抵抗の低減や、操縦安全性などタイヤを巡る環境規制は強化されてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン