2019年6月16日(日)

シンガポール取引所 ニッチ金融商品に活路 レバレッジ型や海運関連

2017/8/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

シンガポール取引所(SGX)がニッチ商品の多様化を進めている。値動きの大きいレバレッジ型の金融派生商品(デリバティブ)を上場し、海運関連の新規商品の開発も進めている。アジア経済の成長が続くなか、取引所間の競争が激しくなっているためだ。高リスクの取引をいとわない一部の個人投資家などを呼び込み、市場の活性化につなげる。

「デイリー・レバレッジ・サーティフィケート(DLC)」を7月、新たに上場させた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報