/

この記事は会員限定です

大終活時代(2)お骨だけの場所じゃない

[有料会員限定]

8月9日、埼玉県に住む村田和子(80)は娘の順子(57)と東京都八王子市の「風の丘樹木葬墓地」を訪れた。6月に他界した夫、そして将来自分が入る墓地選びの見学に来たのだ。

芝生の敷地には、花弁を浮かべた水盤の献花台がある。その奥の小高い丘が墓だ。墓石はなく、骨つぼは地中1メートルに埋まる。「きれいね」と和子。「父は先祖代々の墓は煩わしくて嫌だと言っていた。見学は4カ所目です」と娘の順子は話す。

先祖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン