郵船、今期復配を検討 海運、配当に温度差

2017/8/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 日本郵船は2018年3月期末の復配に向けた検討を始めた。海運市況の悪化で業績が低迷したが、回復の兆しが出てきたと判断した。川崎汽船は配当を見送り、配当方針を巡って海運大手に温度差が出てきた。

 郵船は3月末時点で、配当原資となる利益剰余金が欠損(単体ベース)していたが、資本剰余金の振り替えで原資を確保した。宮本教子経営委員は「復配が今期の最優先課題」と指摘。順調に収益を積み上げることを前提にしなが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

宮本教子川崎汽船日本郵船今期復配復配商船三井

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 12:21
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 12:00
12:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報