2019年2月16日(土)

社会課題の解決 大学で 東北大、長期の研究体制構築
金井浩 東北大学副学長

2017/8/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東北大学が30年後を視野に入れた「社会にインパクトある研究拠点」という学際的な研究推進体制を立ち上げた。金井浩副学長(研究力強化・機構改革担当)に狙いを寄稿してもらった。

私たちは2015年、里見進総長の下で「社会にインパクトある研究拠点」という新たな研究推進体制を立ち上げ、今年度から持続可能で心豊かな社会の創造を目指して本格的な活動に入った。将来生起するであろう国や地球規模・人類共通の重大な課…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

個人偏重の研究、一石を投じるか[有料会員限定]

2017/8/21付

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報