カジノ構想熱帯びる
政府、法案提出へ説明会/自治体、観光の目玉づくり

2017/8/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

カジノを中心とする統合型リゾート(IR)の実現に向けた準備が本格化してきた。政府は17日、秋の臨時国会へのIR実施法案提出をにらみ全国での説明会を開始。内外の企業の動きも熱を帯びる。2020年の東京五輪・パラリンピック後の観光の起爆剤として期待が高まるが、ギャンブル依存症への対応など詰めるべき問題は多い。

政府が17日、東京・永田町で開いた初の説明会には約100人が参加。企業の担当者からは「面積…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]