/

この記事は会員限定です

英語で観光案内 市民が担い手に 埼玉・川越市

[有料会員限定]

埼玉県川越市で、訪日外国人(インバウンド)を英語でもてなす街づくりが進んでいる。地元企業がコンテストを通じ英語案内ボランティアを発掘。祭りなどで活躍を始めた。市は観光案内所を多言語対応できる体制に整備する。市内がゴルフ会場となる2020年東京五輪に向け企業と行政が一体となって国際観光都市を目指す。

「東京に帰る駅はこの道を進んで」「おいしいかば焼きはこの店」――。7月29、30日開催された川越百万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン