かがくアゴラ光で超精密計測 実用化模索 電気通信大学教授 美濃島薫氏

2017/8/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 レーザーを自在に制御して様々な分野の超精密な計測に応用する研究開発が世界で活発だ。日本はかつて米独と並び世界をリードしていたが、ここ10年間は頭打ち気味だった。早くから将来性を見込んでいた電気通信大学の美濃島薫教授は「復活に向けて好機が到来している」と継続的な投資を呼びかける。

 

 極めて短時間だけ、繰り返し発振するレーザーを詳しく観察すると、光の波長(周波数)が等間隔で規則的に並んでいることが分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

かがくアゴラ実験美濃島薫電気通信大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 21:45
21:30
北陸 21:54
16日 6:32
関西 12:48
16日 6:01
中国 10:53
16日 7:01
四国 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
21:50
12:20

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報