/

この記事は会員限定です

医療費抑制策も不可欠

[有料会員限定]

国民健康保険の保険料の統一は、保険財政の収入を増やす効果はあるが、支出抑制には別の方策が必要になる。統一後は保険料の算定で県全体の医療費を基準にし、これまでの市町村の医療費の違いは反映しないことになるため、市町村の医療費抑制への意欲が薄れる懸念もある。保険財政を立て直すには、医療費を抑制する抜本的な方策が急務だ。

市町村に医療費抑制の意欲をどう持たせるかは保険料統一を検討する府県も検討する構えだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン