/

この記事は会員限定です

監査改革、投資家の立場で

[有料会員限定]

洋の東西を問わず、監査改革は大企業の会計不祥事をきっかけに進む。オリンパス事件などを経た日本でも、いくつかの改革メニューが動き始めている。

今年3月には「監査法人の行動規範(ガバナンス・コード)」が策定され、監査の過程で浮上したリスクを記述する「長文監査報告書」の検討も始まった。欧州のような「監査法人の交代制」を支持する声もある。

一連の改革に通底するのは、ムラ社会にもたとえられる閉鎖的な監査法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン