2018年8月17日(金)

植物が低温感じる仕組み 宇都宮大チームが解明 農作物向け応用期待

2017/8/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

 宇都宮大学の児玉豊准教授の研究グループは、植物が低温を感じる仕組みを解明した。米国の科学誌「米国科学アカデミー紀要」の電子版に掲載し、同大によれば「世界で初めて」の研究成果という。急激な気温の低下で植物がダメージを受けるのを防ぎ、農作物の収量の安定や増加につなげられる可能性がある。

 児玉准教授らは青い光を感知する光受容たんぱく質「フォトトロピン」が、低温も感知していることを発見。低温感知をきっか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報