/

この記事は会員限定です

アップサイクル 生まれ変わり輝く不用品

[有料会員限定]

ふつうゴミとして捨てられるものを再活用する行為がリサイクル。これを「ダウンサイクル」と「アップサイクル」の2つに分ける考え方が広がりつつある。

ダウンサイクルとは、元より価値や価格が下がる例をいう。新聞紙を回収、溶かして再生紙として使うといった例だ。一般にリサイクルの大半はこちらにあたる。

一方、アップサイクルとは、捨てられるものに手を加え、元の製品よりも価値を上げたり、全く違う価値を付加したりす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン