30代オペラ歌手 飛躍
声種変更や下積み経て 試練、表現の糧に

2017/8/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

30代の日本人オペラ歌手の活躍が目立っている。テノール、ソプラノといった声種の変更や欧州の歌劇場での下積み生活など、様々な試行錯誤や試練を乗り越えて飛躍。先輩格の歌手が認める真摯な姿勢と明確な考え方でオペラに取り組み、国内外で活動の幅を広げている。

今年4月、オーストリア・ウィーン国立歌劇場の舞台に日本のカウンターテナー歌手、藤木大地(37)が立った。ドイツの現代作曲家、アリベルト・ライマンがギ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]