/

この記事は会員限定です

観光地経営が問う革新力

司令塔組織の整備 課題に 若林直樹・京都大学教授

[有料会員限定]

世界の観光客数は、国連の統計によると2005年の8億900万人から15年には11億8600万人へと47%も増大し、訪日観光客数も急増した。英エコノミスト誌は1998年1月10日号において、こうした観光客数の急増が観光地間での競争激化につながると予測した。

今日、観光地の集客要因についての研究が進み、その競争や革新に関心が高まっている。英ストラスクライド大学のリチャード・バトラー教授によれば、観光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません