/

この記事は会員限定です

政策研究大学院大学教授 西村清彦さん

経済理論生きた政策に(4)

[有料会員限定]
  2013年3月に日銀副総裁を退任し、4月に東京大学教授に復職した。同10月には大学院経済学研究科長・経済学部長に就任。話題を集めた4ターム制(4学期制)の導入に尽力した。

研究科長・学部長に就任する前に副学長に呼ばれ、4ターム制の導入について協力を強く要請されました。当時の総長が導入に強い意欲を持っていたのですが、学内に反対の声は多く、特に経済学部が強く抵抗していたようです。私は法学部長と一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン