2019年6月18日(火)

長周期の揺れを半減 大成建設、建物中心に特殊構造

2017/8/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大成建設は巨大地震の際に高層建築物を大きく揺らす「長周期地震動」による揺れ幅を半減する技術を開発し、実験で確認した。建物の中心に、周囲の柱やはりなどと制振装置のダンパーでつないだ特殊な構造の壁を設ける。従来のゴムを使う免震装置よりも安価に施工できるという。高層マンションなどを計画する顧客に導入を働きかける。

長周期地震動は揺れが1往復するのに2秒以上かかる周期の長い揺れで、震源から遠い場所でも高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報