/

この記事は会員限定です

持続可能な開発 官民動く

環境・経済・社会の国連目標SDGs 指針定着、認知度向上カギ

[有料会員限定]

国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs=Sustainable Development Goals)」に官民が関心を強めている。貧困の撲滅など社会的課題の解決や経済成長と環境保護を両立させる試みで、環境省が環境白書や環境基本計画への反映を推進。企業も製品の認定に取り組むなどし始めた。認知度を高めて、政府の政策や企業経営の指針として存在感を増せるかが焦点だ。

SDGsは2015年に国連が採択し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン