不動産テック 変わる市場(下)自宅で稼ぐ・安全な民泊…続々 「シェア経済」起爆剤に

2017/8/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

都内に住むある男性は約50平方メートルの自宅を活用し、小遣い稼ぎをしている。勤務で留守の間、近所の主婦らに貸し出す。部屋はママ友が食事や飲み物を持ち寄る交流の場に様変わり。忘年会シーズンは予約で埋まり、最大で月80万円の副収入になる。

仲介を手掛けるのはスペースマーケット(東京・新宿)。スマートフォン(スマホ)を介し貸し手と借り手を引き合わせる。月5千件のニーズがあり、重松大輔社長は「人口減で空…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]