/

この記事は会員限定です

〈達人のワザ〉食中毒を防ぐ弁当づくり

食材・調理具は水分切って 長谷川りえさんに聞く

[有料会員限定]

行楽地や学童保育の昼食用にと、夏は弁当を作る機会が増える。気温が高く食中毒が発生しやすい時期だけに、食材選びや調理方法に気をつかう。慌ただしい朝の時間に手間もかけず、おいしく安全な弁当を作るコツは何か。料理研究家の長谷川りえさんに聞いた。

――夏の弁当は食中毒が心配です。

「この時期、暑いなか持ち歩くので心配ですよね。食中毒を起こす菌は普段いつでも存在するのですが、お弁当箱の中で増えてしまうと食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン