迷走 東芝半導体(1)「誰と話せばいいんだ」

2017/8/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

7月下旬、東芝幹部が周囲に漏らした。「今度こそ背水の陣で決める」。会社の存亡をかけた半導体メモリー事業の売却交渉が迷走を続け、すでに5カ月が過ぎていた。照準を合わせたのは7月26日の取締役会。社内外の調整を急ぎ、売り先を決める腹だった。

期待はあっさりと打ち砕かれた。本題のメモリー売却は「現状報告のみ」(幹部)で、何事もなく30分程度で次の議題に移ったという。

優先交渉先に選んだ産業革新機構を核…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]