/

この記事は会員限定です

地熱発電所、奥尻町に完成 道内離島で初

[有料会員限定]

北海道の離島で初の地熱発電所の完成式が28日、奥尻町で行われた。同町西部の山間部の地下1600メートルから噴出する熱水を利用して発電する。出力は250キロワットで、このうち200キロワットを北電に売電して島内に供給する。全世帯の3%程度にあたる50~60世帯分を賄えるという。投資額は4億4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り146文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン