2018年1月22日(月)

戸籍と無戸籍 遠藤正敬著 実はあいまい「日本人」の輪郭

2017/7/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 私  一ノ瀬俊也という人間が「日本人」であることは、戸籍謄本を取り寄せて読めば、幕末生まれの先祖が佐賀県で暮らしていたこと、その代々の子孫たちとともに自分の名前が書いてあることで、揺るぎない事実のようにみえる。多くの人は結婚や肉親の生死といった人生の岐路に際し、戸籍により「日本人」としてのおのれの輪郭を確かめる。

 しかし、本書はそのような輪郭が実はいかにあやふやであるかを、戸籍の歴史を通じて教え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

この一冊一ノ瀬俊也遠藤正敬三笠宮崇仁戸籍日本人



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報