2019年7月21日(日)

免疫薬登場、広がる選択

2017/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

肺がんの薬物治療を巡っては、様々なタイプの抗がん剤が登場し、治療の選択肢が広がっている。特に患者数で80~85%を占める腺がんなどの非小細胞肺がんでは、免疫薬が登場し、薬物治療の進化が著しい。

国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院長によると、非小細胞肺がんが最も進行した4期の患者でみると、薬物治療は大きくみて4つに分かれる。免疫にブレーキをかける細胞のたんぱく質が働かないように作用し、が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。