/

この記事は会員限定です

英語公用語化の経営戦略

[有料会員限定]

グローバル企業において、英語公用語化は近年重要な経営戦略となった。世界で17億人以上が実用言語として英語を話し、巨大な市場空間をつくる。そのため、仏ルノーなど数百を超える非英語圏の企業が英語公用語化を進める。

英ミドルセックス大学のアン・ハージング教授らは、現代のグローバル企業にとって言語管理は重要な経営戦略と指摘する。このような企業は国際的に複数の活動拠点を持つので、言葉の壁に悩まされコミュニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン