/

この記事は会員限定です

出光、合併への賭け(下)昭シェル「TOBはダメだ」

[有料会員限定]

「早くなんとかしてもらわないと」。2月中旬、昭和シェル石油社長の亀岡剛(60)は、出光興産社長の月岡隆(66)に詰め寄った。「出光の関連会社」という中ぶらりんの状況が続いていたからだ。

昨年10月、合併延期の記者会見では「2~3年も遅らせることはない」と公言したものの、事態は一向に好転しない。それどころか出光は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルが手放した31.3%の株を取得し、12月に昭シェルをグルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り684文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン