/

この記事は会員限定です

株価予想、AIの集合知で

経済物理学、データ駆使 茨城大学工学部教授 鈴木智也氏

[有料会員限定]

茨城大学工学部の鈴木智也教授は人工知能(AI)の「集合知」を使い、株価の変動を予想する仕組みを研究している。このほどその研究成果が認められ、証券アナリストの国際団体である国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)の「ジョン・ブルークス賞」を受賞した。日本人が同賞を受賞するのは鈴木教授が3人目だ。

研究では東京証券取引所とニューヨーク証券取引所に上場する約1000銘柄を対象に投資シミュレーションを実施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン