株価予想、AIの集合知で 経済物理学、データ駆使 茨城大学工学部教授 鈴木智也氏

2017/7/27付
情報元
日本経済新聞 地域経済
共有
保存
その他

 茨城大学工学部の鈴木智也教授は人工知能(AI)の「集合知」を使い、株価の変動を予想する仕組みを研究している。このほどその研究成果が認められ、証券アナリストの国際団体である国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)の「ジョン・ブルークス賞」を受賞した。日本人が同賞を受賞するのは鈴木教授が3人目だ。

 研究では東京証券取引所とニューヨーク証券取引所に上場する約1000銘柄を対象に投資シミュレーションを実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 9:42
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 9:42
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
9:41
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報