/

この記事は会員限定です

知的障がい児との接点

[有料会員限定]

FC東京は知的障がい児向けの「あおぞらサッカースクール」を毎週火曜日に府中市で開催している。現在の所属は18人。ダウン症、多動症、自閉症など障がいは様々だ。接し方に専門性が求められるため、知的障がい者のサッカー教室を運営する特定非営利活動(NPO)法人、トラッソスの協力を得ている。

FC東京普及部の鯨井健太コーチは「単に『おいで』ではなく、名前を呼んで、コーチがきちんと彼らの視野に入ってあげること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン