ブランド強化、生産者に恩恵

2017/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東根さくらんぼ(山形)、但馬牛(兵庫)などGIの登録名称は産地と産品を結びつける。生産者にもたらすメリットは大きい。不正使用は行政が取り締まるので、にせ物の排除でブランド力を保てる。単価の向上も期待できる。EUでは、同じ食品でもGIがつくだけで販売価格が平均5割も高くなるという。

ただ市場からの締め出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]