2018年11月17日(土)

税務の「セカンドオピニオン」納税で浸透 相続で対象拡大、過払い防ぐ

2017/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中小企業経営者や個人事業主が税務申告などの際、顧問税理士とは別の税理士に意見を求める税金版「セカンドオピニオン」の利用が広がっている。相続増税に伴う納税対象者の拡大が背景にあるとみられ、巨額還付に至ったケースも。専門家は「最新の税務知識に基づく第三者の意見を聞きたいというニーズが増えている」と指摘する。

セカンドオピニオンは、担当医とは別の医師に当初の診断内容や治療方法の意見を求めることを指し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報