アナログ腕時計、兄弟対決 エプソン、自社ブランド セイコーの牙城に挑む

2017/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

セイコーエプソンは19日、同社初となる独自ブランドのアナログ腕時計を発売すると発表した。エプソンは源流を同じくするセイコーホールディングス傘下のセイコーウオッチ向けに腕時計をOEM(相手先ブランドによる生産)供給してきたが、自社ブランドで「兄」と競う。時計をプリンターなど事務機に次ぐ事業の柱に据える。

新ブランド「トゥルーム」は税別24万~28万円。セイコーウオッチの製品と正面から競合するが「セ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]