/

この記事は会員限定です

中国「一帯一路」どう見る(上)アジア投資銀通じ関与を

個別事業は進展に濃淡も 伊藤亜聖・東京大学准教授

[有料会員限定]

「一帯一路」は中国政府主導のユーラシア大陸を覆う広域経済圏構想として2013年に始動した。翌年以降に一帯一路を資金面で支える政府系投資ファンド「シルクロード基金」と、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が設立され、今年5月には北京で国際会議が開催された。

当初の計画では、一帯一路は中国から陸路で中央アジア諸国とロシアを経て欧州へと至る「陸のシルクロード経済ベルト(一帯)」と、海路で中国沿岸部からマラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン