/

この記事は会員限定です

IPランドスケープとは

[有料会員限定]

IPランドスケープ(IntellectualProperty Landscape=知財に関する環境と見通し) 近年、急速に欧米企業が使い始めた知財分析の手法と、同手法を生かした知財重視の経営戦略のこと。

具体的には、知財部門が(1)経営陣のニーズを早い段階でつかむ(2)特許だけでなく競合企業や関連業界などのマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り157文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン