2018年8月20日(月)

知財分析を経営の中枢に
「IPランドスケープ」注目集まる M&A戦略に生かす

2017/7/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 企業が抱える知的財産を分析し、経営戦略に生かす「IPランドスケープ」と呼ばれる手法が注目され始めた。これまでも研究開発や製品差別化を支援する「特許調査」は多く使われてきたが、IPランドスケープは生き残りをかけた経営判断やM&A(合併・買収)に貢献する。先進企業の取り組みを追った。

(編集委員 渋谷高弘)

 ナブテスコは3月、ドイツの自動車部品メーカー、オバロ社の全株式を約100億円で取得した。狙いは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報