教員も指導法学ぶ 徳島県教委、指針を作成

2017/7/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

昨年の参院選で、20歳代の投票率は35%と60歳代の半分にとどまった。若い世代の政治への関心を高める必要性が叫ばれているが、政治教育に戸惑う教員は多く、教育委員会が対策を進めている。

福井県教委は5月26日、県立高校などの教員約150人を集めて研修会を実施。講師を招き「生徒会予算の分配の仕方」を題材に国の予算を考えさせる授業方法を学んだ。担当者は「今の主権者教育は選挙制度の説明が中心。より実践的…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]