2018年10月21日(日)

将棋の加藤九段を「ユリイカ」が特集

2017/7/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

将棋の史上最高齢現役棋士、加藤一二三・九段が6月、77歳で引退した。18歳でA級八段となった「神武以来の天才」は盤上で妥協しない姿勢を貫き、「ひふみん」の愛称も持つ。文芸、思想などを扱う雑誌「ユリイカ」(青土社)7月号は将棋の多面性を象徴する異色の棋士として特集を組んだ。

63年も現役生活を続けた「世紀を跨(また)いだ稀有(けう)な棋士」を支えたのは、将棋の真理のあくなき追究と一生懸命な生き方だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報