2018年8月20日(月)

新発見乳酸菌で減塩味噌 中野商議所など ロゴマークも作成

2017/7/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

 信州中野商工会議所や中野市にある味噌・しょうゆの醸造会社などによる研究開発プロジェクトは、新たに発見した乳酸菌を活用して塩分濃度を通常の半分の6%まで落とした味噌を開発した。新発見の乳酸菌を使ったことを示すロゴマークも作成し、地域ブランドの商品として売り込んでいく。

 PP165と名付けた新発見の乳酸菌には、腐敗菌の繁殖を抑え、うまみ成分を増加させる効果がある。

 通常、味噌は雑菌の繁殖を抑えるため…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報