/

この記事は会員限定です

オプジーボの胃がん適応、9月にも承認

小野薬品 相良社長

[有料会員限定]

今年2月に薬価を半額に引き下げられた小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」。当初、医療財政に大きな負担が生じると批判された一方、皮膚がんや肺がんに続いて、今年9月には胃がん治療の承認も下りる見通し。胃がんは日本人に多く、末期の患者やその家族に期待も広がる。今後の展開について相良暁社長に聞いた。

――オプジーボの胃がんへの使用の承認が待望されています。

「日本では年間13万人が胃がんと診断される。今回、手術がで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン