日本酒、ワイン本場挑む 日欧EPAを好機に
菊正宗、仏で新ブランド供給 月桂冠、「樽酒」など専用5種

2017/7/8付
情報元
日本経済新聞 地域経済
共有
保存
その他

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の大枠合意を受け、兵庫・灘や京都・伏見など関西酒造各社が欧州向け輸出に挑む。大手の菊正宗酒造(神戸市)は来年にフランスで新ブランドを供給。月桂冠(京都市)は今年8月に欧州をターゲットに新商品を売り出す。日本酒の関税は協定発効後、即時撤廃される。各社は特色ある商品でワインの本場、欧州の牙城を切り崩す構えだ。

 菊正宗酒造は昨年、130年ぶりに国内で発売し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 16:26
2:00
信越 1:00
1:00
東海 14:00
13:06
北陸 12:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報