/

この記事は会員限定です

広電の路面電車・バス 「デルタ内」時間制運賃

急行循環バス、来年新設

[有料会員限定]

広島電鉄は広島市内を走る路面電車とバスを一体のものとして考え、高齢者を中心に通院や買い物に乗りやすい路線や運賃体系に再編する。タクシーやマイカー利用からの切り替えで乗客の増加を目指す。椋田昌夫社長は「デルタ(三角州)のなかは電車とバスが均一運賃になるようにしたい」と社内で検討を始めたことを明らかにした。

2018年1月をめどにバス路線を新設する。広島銀行が本店の建て替えで現在の紙屋町からマツダスタジアム近くの旧ベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン