/

この記事は会員限定です

借地に1000万円の価値!?

相続時知らず、後にトラブル

[有料会員限定]

「うちは財産が少ないから遺産分割でもめることはない」。こうした話をよく聞きます。ある家族も同じような考えでした。母親の主な財産は現金。実家は借地で、老朽化が進んだ建物があるだけでした。長男のAさんは地元の役所の無料税務相談でも「相続税はかからない」と言われたそうです。

その後、母親が亡くなり、Aさんを含む兄弟三人は、母親の現金を3等分しました。実家の建物は「たいした価値はないだろう」ということで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン