/

この記事は会員限定です

会計監査改革、実行段階に

金融庁、不祥事防止へ動く

[有料会員限定]

相次ぐ会計不祥事をきっかけに始まった会計監査改革がいよいよ実行段階を迎える。金融庁は監査法人に対してどのように企業の決算を評価したか、テーマごとに理由を細かく公表するよう制度を改正する方針だ。4月には監査法人の行動規範とも言える統治指針(ガバナンス・コード)を策定した。監査の質を高め、企業とのなれ合いを排除して監査法人の独立性を高められるか。その成否は日本の資本市場の信頼性をも左右する。

「監査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン