/

この記事は会員限定です

富士市、岳南線活用した電力事業 東電系など4社と協定

[有料会員限定]

富士市は6日、東京電力エナジーパートナー(EP)など4社と「岳南鉄道線軌道敷を活用した地域電力事業」の事業計画策定に関する協定を締結した。同市の岳南電車が運行する岳南線の線路の電柱に送電線を敷設。地域で発電した電力や熱源を近隣の工場などに供給する。2017年度末までに実現可能性の評価をまとめ、20年度をめどに事業を開始する。

協定を締結したのは東電EPのほか、JFEエンジニアリング、静岡ガス、テス・エンジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン