/

この記事は会員限定です

AIが担う専門医の「目」

深層学習で画像診断進歩 病気の「芽」見逃さず

[有料会員限定]

経験豊富な医師でも見逃してしまうような小さな異常を人工知能(AI)が見つけ出す――。そんなAIを使った「画像診断」の技術が近い将来に実現するかもしれない。専門医の学会や半導体大手、ベンチャー企業などが相次ぎ開発に取り組んでいる。専門医不足の解消につながる可能性があると期待されている。

「ベテラン医師と同等のAIができる可能性がある」。こう期待するのは、日本消化器内視鏡学会理事長特別補佐の田中聖人さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1640文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン