/

この記事は会員限定です

(専門家の見方)ICBMかは微妙

[有料会員限定]

山口昇氏(笹川平和財団参与、元陸将) 今回のミサイルが大陸間弾道ミサイル(ICBM)かどうかは微妙だ。高度と飛行時間を考えると「火星14」の射程は5千キロメートル超とみられるが、米ロが所持する射程1万キロメートル超のICBMとはレベルが違うだろう。

射程5500キロメートル以上というICBMの定義は北極圏を挟んだ米ロ間の最短距離なの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン