/

この記事は会員限定です

有機農法の地区でハチミツ採取 養蜂家 高橋敦志氏

蜜源も自らの手で保全

[有料会員限定]

「八米(はちべい)」は阿賀野市でつくられているハチミツだ。有機農法が盛んな同市笹神地区でハチから採取した点が特徴で、新潟三越(新潟市)など百貨店や観光施設で販売されるなど県内を中心に販路が広がる。八米を売り出し、インターネットを通じ小口資金を調達するクラウドファンディングにより、ハチの蜜源となる花畑の保全にも取り組む養蜂家の高橋敦志さんに現状の取り組みと今後の展開について聞いた。

――阿賀野市で養...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン