/

この記事は会員限定です

避けられない国の関与拡大

[有料会員限定]

高等教育無償化は学生・保護者の負担を中心に論じられるが、財務構造に注目すると別の論点が見えてくる。山本氏の指摘のように今の学生納付金と補助金を単純に国の負担に置き換えると、国の実質補助率は私立が国立を上回ってしまう。

もちろん、無償化といっても、卒業後の収入に応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り131文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン