/

この記事は会員限定です

環境保全「超学際」の視点で

総合地球環境学研究所教授 谷口真人氏

[有料会員限定]

温暖化や食糧不足など地球規模の問題への処方箋を探る国際共同研究「フューチャー・アース」が国内でも動き出す。日本の中心的な参加機関である総合地球環境学研究所の谷口真人教授は「市民や企業に主体的に参加してもらい有効な対策づくりにつなげたい」と話す。

フューチャー・アースは2012年の「国連持続可能な開発会議」(リオプラス20)で提案され、国連教育科学文化機関(ユネスコ)、国連環境計画(UNEP)など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン