2019年2月24日(日)

金融政策の課題(下)日銀の「出口」の損失備えを
政府との共有ルール整備 戸村肇 早稲田大学准教授

2017/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)は6月、今年2度目の利上げを決めた。今後、海外で利上げが続く一方で日銀が現状の金利水準を維持した場合、内外金利差により円安となるというのが標準的な経済学理論だ。円安はエネルギーなどの輸入財の価格を引き上げるので、効果が波及する間は国内物価に上昇圧力をかける。

もし日銀がこうしたチャネルを通じて目標インフレ率2%を達成した場合、やがてさらなるインフレを防止するために金利を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報