/

この記事は会員限定です

財務省資料に医師会反発 診療報酬下げ巡り攻防

[有料会員限定]

2018年度予算編成の焦点となる診療報酬改定を巡る前哨戦が始まった。引き下げをめざす財務省が医師の診療報酬価格と賃金・物価の動向を比較し、医師の報酬が高水準と指摘する資料を作成。引き下げを避けたい日本医師会は「恣意的だ」と反発している。改定作業の基礎データになる可能性があるだけに、激しいさや当てを続けている。

2年に1度改定する診療報酬は薬価などと診察料(本体)で構成されている。財源は税金と保険料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン