/

この記事は会員限定です

もの言う株主は悪者か

異端児の声、今や日常に 編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

大手繊維商社の蝶理が6月15日に都内で開いた株主総会。もの言う株主(アクティビスト)として知られるストラテジックキャピタルが出した、政策保有株の売却や増配に関する株主提案はすべて否決された。

蝶理には東レという50%超を保有する親会社がいる。少数株主の提案は、みすみす負け戦を挑むようなものではなかったか。

そんな問いかけにストラテジックキャピタル代表の丸木強氏はこう答える。

「正しいと思う提案を出して一定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン